車査定がとても簡単なので拍子抜けしてしまう方も

車査定がとても簡単なので拍子抜けしてしまう方も

車買取では、もちろん査定が必要になります。車を買い取ってくれるお店の担当者に自動車の状態を見てもらい、買い取り金額を算出してもらう訳ですね。車買取では、一番大切な手続きだと思うのですが。

 

試乗は行われない車査定

 

ところで初めて車査定を経験する方は、それはある程度大掛かりなものだと考えている事があるようです。

 

参照先
ミラ査定

 

例えば試乗ですね。私たちが車を購入する時には、たいてい試乗ができるでしょう。短時間ではありますが、ちょっと乗車してみて車の使い心地などはある程度確認する事になります。

 

そして車査定を初めて体験する方は、査定士がその試乗を行うと思い込んでいる事がしばしばあるようです。つまり査定士が車に乗ってみて、状態などを確認するイメージですね。

 

しかし実際は違います。車の査定士は、基本的に車を動かすような事はありません。エンジンのかかり具合などを確認するような事はあっても、試乗はまず無いです

 

実際は非常に簡単に終わる車査定

 

それ以前に、車査定はもっと簡単に終わる事が多いです。車のエンジンルームの状況を見てみたり、下回りの状況なども色々と確認します。また車の数字なども色々確認する事になるのですが。中にはスマホを用いて、車査定を行っている業者もありますね。

 

しかし試乗はないです。車の査定は、せいぜい15分程度で完了してしまいます。ですので初めて車査定を受ける方は、ちょっと拍子抜けしてしまっている事が多いようですね。てっきり1時間ほどかけてじっくり車の状態を確認すると思っていたものの、あまりにも簡単に査定が完了しているので、「この担当者はちゃんと車の状態を見ているのか」などと思っている事もしばしば有るようです。もちろんしっかり見ているのですが。

 

ある意味その「時間の短さ」は、車査定の特徴の1つかなと思います。